2005 Hokkaido House, co,ltd. All rights reserved.
about 家づくり
openhouse オープンハウス
works 施工例
process 工程
office 会社案内
トップページへ戻る
contact メール
お問い合わせ
about 家づくり
Blog 日記

「ファースの家」の専用部材と特徴 T

エアライト(専用部材)

優れた断熱・気密性を持つ、
FAS工法専用樹脂系断熱材です。熱に強く燃えにくい素材で、防音効果はもちろん地震の際には衝撃も吸収します。現場発泡スプレー加工で断熱化と気密化を同時に実現。専門スタッフが現場施工しますので、現場によって性能が左右される事もなく、また家の形状も問いません。

エアライトの特徴
ファースの家の専用断熱材”エアライト”は、難燃性樹脂断熱材イソシアヌレートフォームに改良を加え、水や湿気に強いうえに、さらに難燃性や接着性を強化し収縮する柱に追随出来る様に、又、厚く発泡しても割れにくく改良された断熱材です。さらに低い熱伝導率を実現[0.018kcal/u・h・℃]
外張用断熱材 「ファースボードSU」  (専用部材)

柱・間柱の外側に取り付ける外張用断熱材で、柱・間柱からの熱損失を軽減させる為の部材です。どうしても柱や間柱部分は断熱性能が劣る為ヒートブリッチ(熱橋)となりやすいために外側にも断熱材を張ります。写真は外側に張った状況です。表面には、アルミは張ってありエアライトの接着性も良く外部側は、防水材として利用出来る様改良され現在SUとなってます。
スプレート(専用部材)

外壁断熱面材裏面、屋根断熱材吹付下地に取り付け、断熱材(エアライト)の
発砲厚さを特定するための部材。

実際、青森市ですと、
 ファースボード20o+エアライト30o=50o 天井 エアライト90o 吹付けします。ところが、実際はスプレートが見えなくなるまで発泡しますのでプラス5o〜10o以上は、厚くなっていますので、その分断熱性能もアップしていますね。
コープレート(専用部材)

基礎と土台の間に取り付ける部材で、土台からの熱損失を軽減させる為及び土台下に断熱材を充填させる為のスペーサーです。

断熱材を土台と基礎の間に充填させる事により、緩衝材の役割を発揮し揺れを分散し揺れに強い構造となります。
断熱補足部材 「エアーネット」  (専用部材)

屋根面へ断熱材を施工する為の部材で、母屋した等に施工し、現場スプレー発泡断熱材を吹き付ける為の下地材です。

母屋下でネットを張ることで、屋根と断熱材の間に屋根裏の空間が出来ます。屋根裏空間は、夏季には熱くなるので、屋根裏換気を出来るように空間をつくっています。
健康空気循環システム「AIキット」 コントロールパネル

建物内の換気の状況 強・弱 (熱交換式集中換気扇の運転状況)と空気循環動作確認、室内の水分管理状況(除湿装置の動作確認)、強制排気コントロール、室内温度・小屋裏温度・床下温度・外気温の表示。
以上の操作や確認が行える為、状況に応じた換気操作や次の日の蓄熱暖房器の温度設定などに効果的で、オール電化ゆえ電気代を抑える為のコントロールパネルとも言えるでしょう。
健康空気循環システム「AIキット」 熱交換式集中換気扇

「ファースの家」は家全体に空気を循環させている為、効率よく汚れた空気と、新鮮な空気を入替えなくてはいけません。そこで熱交換式と言われている第一種換気(吸気、排気とも機械で行う換気方式)で外気を室内の温度に近付けて換気します。
現在では、法律で換気回数が定められていますが、FAS工法では、法律で定められる前から、家に住んでいる人の生活リズムに合わせた換気計画を、個々の家に合わせて換気計画し、マイコンで制御していましたが法律が変わった為、無駄な換気までもしなければいけなくなりました、残念ですが現在は換気回数0.5回/h以上に設定されています。
健康空気循環システム「AIキット」サイクルファン(空気循環用ファン)

先ほどの換気扇で取り入れた新鮮な空気を屋根裏から循環パイプを通して床に送ります。床下へ送り込まれた空気は、エアライト(断熱材)の室内側の壁の中を上昇しながら家全体を効率よく循環し、家の床やかべ、天井から見えない柱まで エアライトに囲まれている室内にあるすべての物を同じ温度にします。
また、目に見えない柱や土台などが空気に触れる為、木が呼吸でき湿度管理もされている為、腐る心配もありません。そんな重要な役名のサイクルファンでした。
健康空気循環システム「AIキット」排気ファン

夏季、小屋裏の熱くなった空気を排出します。また、タバコの煙りなど室内の汚れた空気を強制的に排気します。

小屋裏に設置された排気ファンは、床下に設置された吸気パイプと連動しており床下から取り入れられた空気で家全体の空気を入替えることが出来ます。そのため、大勢のお客様が来た時や家族で焼肉なんかの後強制的に排気して、いつでもクリーンな空気ですごせますね。
健康空気循環システム「AIキット」吸気パイプ

小屋裏の排気ファンと連動します。夏季、北側の温度の低い空気を取り込みます。その他汚れた空気の強制排気等に使用。冬季間は、電動高気密シャッターで閉じる事が出来ます。

健康空気循環システム「AIキット」除湿装置

湿度センサーによって自動的に稼動し、空気中の余分な水分を除去します。装置にたまった水分は、そのまま排水パイプから排出されます。

床下に設置されており、自動で稼動しているので、コントロールパネルで稼動状況が確認できます。湿度60%以上になりスカットールで吸着出来なくなった余分な水分を強制的に排出します。

ベース空調 「ビルトインエアコン」  (オプション)

天井裏にエアコンを設置し、天井裏と吹き抜け上部 又 階段2階ホール上部に冷気吹き出し口を設置し、24時間運転により建物内のベース温度を保つ為のエアコンです。

小屋裏で冷やされた空気は、サイクルファンを通して床下へ、吹き抜け天井から吹き出された冷気は、そのままリビングへ、そうして家全体へと広がり柱や床、壁や天井へと、断熱内空間にあるものすべてを一定の温度にします。そうする事で高い温度設定でも、涼しく感じるんです、しかも湿度管理もしていますので、効果的です。湿度調整は「スカットール」と除湿装置で行います。
調湿剤 「スカットール」  (専用部材)

床下に散布するスカットール、シリカゲルを改良した調湿剤。湿度が60%以上になると水分を吸着し、40%以下になると放出して、湿度の調整を行います。又白アリやダニを確実に退治します。これは虫の体の水分を吸着してしまう為に死んでしまうのです。
その他にも、タバコの煙りや臭いも吸着してしまう優れもの段々黄色くなってしまいますが効果は変わりません。。
空気サラサラの秘密

専用部材まだまだ有ります  Uへ