• HOME
  • > 構造と工法

構造と工法

METHOD

空気がまわる。
だから、さらさら。

たとえば、豊かな森に囲まれた渓流を想像してみてください。
上流から下流へと絶えず水が流れ、水面が透きとおって輝いて見えます。
手のひらですくって飲めば、ひんやりと冷たく、おいしいと感じるでしょう。

流れる中できれいに濾過され、いつでも新鮮、空気もそのようにあってほしい。

清潔で快適な空気が滞ることなく流れ続けるために、ファースの家では茅葺き屋根の思想を現代に合った形で再現する独自の「健康空気循環システム」を採り入れ、構造体を空気がぐるぐるまわる仕組みをつくりました。

窓を閉め切る寒い冬も、暑さにむせかえるような夏も、温度と湿度をコントロール。
家の中をいつも清潔な空気が動いているから、サラッと快適。

生涯の健やかな暮らしを願って、ファースの家は温熱性能と空気の管理に真剣です。

健康住宅に必要な4つの要素

  • 01温度

  • 02湿度

  • 03空気清浄

  • 04空気の流れ

人が、家が、健康になる
「ファースの家」の健康空気循環システム

茅葺屋根の思想を住宅の性能として生かすために、床下にファースシリカ(シリカゲルを改良して調湿と空気清浄を行う)を敷き込み、家屋内での生活水を大量にため、常に「水分管理」を行います。
天井裏のサイクルファンは、構造体の中を新鮮空気と調湿洗浄された空気を家中に循環しているため、構造木材の含水量を一定に維持し、さらに冬は窓から入った太陽熱を家の中に均一に取り込んで蓄熱し、暖房に大きく貢献します。
また、夏場は太陽高度が高くなるため、その角度を利用して日射熱を遮蔽し、冷房貢献します。天井裏に設置したエアコンにより天井裏を均一に冷やし、二階は天井からの輻射冷房、一階はサイクルファンで床、壁からの輻射冷房でマイルドな冷房ができます。

ファースの家

「ファースの家」6つの特徴

1空気清浄

クリーンな空気を家じゅうに循環させる換気機能

外気を「熱交換式換気扇」で天井裏から室温に近づけて取り入れ、壁内通気層を上昇しながら、きれいな空気が家全体を循環。さらに床下に敷きつめた自然素材の「ファースシリカ」がホルムアルデヒドや不快な臭い、有機系ガスの汚染物質を吸着し、シックハウスなどの問題を低減。
マイナスイオンを含む、森林空間のようにフレッシュな空気が、すべての居室と住まいの構造体に満たされます。

2調湿機能

湿度をコントロールし、人も家の構造体も健康に

健康空気循環システム「AIキット」と、床下に敷設した空気清浄調湿剤「ファースシリカ」の2つの働きにより、湿度を調節する独自の仕組みが「ファース工法」の大きな特徴です。
調湿力炭の7倍の調湿力を誇る「ファースシリカ」は、空気中の湿気が高いときには水分を貯め、乾燥時には排出します。結露の発生も抑えられ、カサカサ・ジメジメしない、湿度40~60%の快適な状態を常に維持することで、構造体のカビや腐食も防ぎ、老朽化も軽減します。

3高気密・高断熱

冬は暖かく夏は涼しい室内空間を徹底キープ

「ファースの家」は、壁の中の断熱材が経年劣化しにくく、外壁と接する柱などの木材からの熱損失を軽減する方法として、外側は「ファースボードK」、内側は現場発泡スプレー方式の断熱材「エアクララ」の内外ダブル断熱を採用。気密と断熱を同時に実現し、まるで魔法瓶のように長時間室内の温度を保ちます。また、窓には断熱樹脂サッシ+アルゴンガス入り複層ガラスの「専用サッシ(窓)」を使用することで、熱損失を抑えます。

4地震に強い

強い揺れにも柔軟に対応する吸震構造

外気を「熱交換式換気扇」で天井裏から室温に近づけて取り入れ、壁内通気層を上昇しながら、きれいな空気が家全体を循環。さらに床下に敷きつめた自然素材の「ファースシリカ」がホルムアルデヒドや不快な臭い、有機系ガスの汚染物質を吸着し、シックハウスなどの問題を低減。
マイナスイオンを含む、森林空間のようにフレッシュな空気が、すべての居室と住まいの構造体に満たされます。

5省エネ・エコ

環境にも配慮しながら光熱費も経済的

湿度コントロールがしやすい、エネルギー効率が良い、燃焼ガスが発生しない、CO2の排出を抑えるなどの理由から、「ファースの家」ではエコ電化仕様を採用しています。気密・断熱に優れているため適温適湿でさわやかな“健康空気”が逃げることなく、ムラのない暖かさや涼しさが建物のすみずみまで行き渡ります。空調(エアコン)や給湯(エコキュート)には、空気中の熱を有効活用できるヒートポンプ機器を採用し、快適性を損なわずに省エネ&光熱費を軽減します。

6冷暖房のランニングコスト

家全体をエアコン1~2台で効率よく冷暖房

天井裏に設置したエアコン1台で家全体の冷暖房を行うのが「ファースの家」の大きな特徴です。高気密高断熱の建物の壁内に、空気が通り抜ける通気層を設け流れをつくることによって、適温で調湿された空気が家じゅうを循環します。冷暖房を1台の機器で賄え、少ないエネルギーを効率的に使えるためコストパフォーマンスも抜群。温熱環境の調整に費やしていた時間のコストも削減できます。
基本は1台で賄いますが、お部屋の広さや必要に応じて追加設置することもあります。

「ファースの家」にはこんなメリットも!

床までぽかぽか・ひんやり

健康空気循環システム「AIキット」の輻射熱冷暖房により、床冷暖房ではないのに床まで冷暖房効果が得られるのも大きな特徴です。

非常時も暮らしを支えるエコ電化住宅

「ファース工法」では、少ないエネルギーで快適な空間を管理するために、エコ電化住宅としています。
住宅設備のエネルギー源を電気とするエコ電化というと、停電などの非常時を心配される方も多いですが、エコキュートのタンク内に残っている水・湯を使用できるほか、構造体やファース専用部材などに暖気や冷気が蓄熱&断熱性能が高いため室温が急激に変わりにくく、停電後2日間くらいは乗り切れたという青森県内のお施主様の声もあるように、メリットになり得る部分もあります。

断熱材の厚み以上の安心感

断熱材は「現場発泡樹脂材厚さ特定ゲージ(実用新案取得)」により、断熱材の厚みをしっかり管理。実際はゲージが隠れるまで吹き付けるため数ミリ厚みが増し、厳寒の地青森には欠かせない断熱性能も万全です。

全国の「ファースの家」加盟工務店にて、二代目活躍中!

全国に加盟工務店があり、工務店には後継ぎ(二代目)も増えてきています。北海道ハウスの代表取締役 相馬伸慈も二代目です。
他の加盟工務店の二代目とも交流を持ちながら、ファース工法の普及・継承はもちろん、知識・技術の向上、アフターメンテナンス対応など、長い年月対応できるよう日々努力を重ねております。