• HOME
  • > ZEHへの取り組み

ZEHへの取り組み

ZEH

ZEH普及目標および実績報告について

エネルギー基本計画(2014年4月閣議決定 )において、「住宅については、2020年までに標準的な新築住宅で、2030年までに新築住宅の平均でZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の実現を目指す」とする政策目標が設定されました。

2016年度のZEHの実績を公表いたしますと伴に、2017年度~2020年度のZEHの普及目標を公表し、省エネルギー化、低炭素社会の実現、地球温暖化防止に寄与すべくZEHの建設を推し進めてまいります。

株式会社北海道ハウスでは、下記のとおり各年度の目標値を設定し実績を公表いたします。

ZEHへの取り組み

ZEHとは

ZEHとはNet Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の略称です。
住宅の高断熱化と高効率設備により、快適な室内環境と大幅な省エネルギーを同時に実現した上で、太陽光発電等によってエネルギーを創り、年間に消費する正味(ネット)のエネルギー量が概ねゼロ以下となる住宅です。

(経済産業省 資源エネルギー庁ホームページより引用)

株式会社北海道ハウスの
ZEHの実績について

ZEHシリーズ受託率の合計実績(2019年4月24日現在)
2016年度 0%
2017年度 34%
2018年度 0%

株式会社北海道ハウスの
2017年度以降の普及目標について

ZEHシリーズ受託率の合計目標
2019年度 45%以上
2020年度 55%以上

※ZEHシリーズ受託率の合計とは、ZEH受託率 + Nearly ZEH受託率の合計となります。